« いつのまにか・・・。 | トップページ | シンメトレル »

2009年12月30日 (水)

感謝

今年も残すところあと1日になった。25時間ほどで2010年(H22)になる。お正月といっても何ということもない。月の周りを地球が1週しただけである。なんて言ってしまえばにべもないが・・・。今年1年、色々なことがあったような、特にこれといったこともなかったような・・・考え過ぎればあるが、気にしなければないということだろう。しかし、病の進行は確実に進んでいる。さいきん薬が切れれば全く動けなくなってきた。睡眠効果もなくなった。

これって順調に進行しているのだろうか?私より少し病歴の長いFさんは、少し前から歩けなくなって車椅子になった。しかし、手の振るえはないので車を運転している。病が進むと足にくるのだろうか?そういえば足のすくみも酷くなったような・・・。ああーこんなことばかり考えていたのではいけない。1度切の人生クヨクヨしたり嘆いても仕方ない。明るく笑っていこう。

ひょっこりひょうたん島的精神でいこう。「波をチャプチャプかきわけてひょうたん島はどこへ行くどこへ行く。丸い地球の水平線の向こうに何かが待っている。苦しいこともあるだろうさ、悲しいこともあるだろうさ、だけど泣くのは嫌だ笑っちゃおう。進めひょこっりひょうたん島  〃 」

薬の効く時間短くなり、新しい記事をアップすることがなかなか出来なかった。にも関わらず訪問して下さった方々、どうもありがとうございました。拙プログですみません。改めてお礼を申しあげます。来年は少なくても内容の濃い記事が書けるよう努めるつもりです。自分自身の精神的向上を図らなければ、なんぼ書いても駄文になってしまうでしょう。内容の伴わない記事を書くくらいなら、止めたほうがいいかもしれません。言葉の羅列だけでは虚しい。言うことなら何でも言える、大切なのはどのように実行するかだと思う。言うは易し行うは難しである。

”有言不実行”でなく、”有言実行”か、”不言実行”、一番良くないのが”不言不実行”だ。こんな当たり前のこといちいち言わなくてもいいのだ。私はいらぬことを書き(言い)過ぎる。自家撞着に陥らぬように気をつける必要あり。

年明けや何事なければ良しとする

吾が振るえ病か寒いかどちらかな

痛むなりいつまで続くぬかるみぞ

呻きながら好きにしてと言う他はなしと牧師のいう

こんなにも痛みに弱い自分かな

痛みとは思考力をも奪うなり

もうあかん尿でそう足がでんわ

内容の濃い記事を書くと言ったにも関わらず・・・・・どうも先が思いやられます。

|

« いつのまにか・・・。 | トップページ | シンメトレル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ライムさま
 御訪問下さってありがとうございます。お父様のこと御心配されている様子、お気持ちの優しさが文面から感じられます。

私の拙いブログでも、少しはお役にたっていると思うと嬉しいです。この病は本当に何故こんなに一人一人症状が違うのだろう?と思います。(素人考えですが、脳の複雑さが関係しているのかと思うことも・・・。侵された部位が一人一人微妙に違っているような感じがします。)

病の半分はストレスから起こると言われていますが、最近そのことが科学的に証明されてきたと、浜松医科大学の高田明和という教授が書いています。クヨクヨしたり、イライラすると脳細胞に悪さをする脳内物質が増加し、嬉しいことや、楽しいことをすると良い脳内物質が増えることが、実験で証明された。と。良い脳内物質とはドーパミンです。

現在分かっている脳内物質は6~7主類だそうですが、まだまだ分かっていないものが沢山あるだろうと・・・書いています。遺伝性の場合は別として私も、精神的なことがかなり関係しているのではないかと最近思っております。それでダメージを受けた脳細胞(黒質部)が更に環境要因などによってさらにダメージを受ける。そして発症するのではないか?

だから、なるべくクヨクヨ、イライラしない生き方をしようと思ったのですが・・・・もう少し早く実践していれば・・・もっと違った展開になったかもしれないなどと未練がましく思ったりします。

確かに詳しい症状の分類、など詳しく書かれているものがあるとかなり参考になりますね。貴重なご意見です。3月にパーキンソンの会が京都であります。J大学病院の先生、国立の病院の先生も参加されるそうですので、そのこと言ってみます。ありがとうございました。よい職場が見つかればよいですね。

投稿: ゆうゆう | 2010年1月 6日 (水) 16:01

ゆうゆう様
父がパーキンソン病でE県M市在住のため
よく拝見させていただいています。
父を見ていて本当に不思議な病気だと
思っています。
父は現在はちょっとした日常介護(食事や入浴の手助け)が必要な状態で自分で動くことも可能ですが、
薬の効きが弱いように思えます。
オンオフは全くなく飲むのを忘れていても
誰も(本人も)気がつかないほど状態が変わりません。
ゆうゆうさんの状態とは大きな差があり
これが同じ病気かとおもうほどです。

前にJ大学病院のH先生に入院させていただいたときは
まるで別人の様に足が動き元気になりました。
本人の安心感や精神的な状態が病気に大きく影響しており、そちらの支配力が薬よりも大きいように感じられます。

実際に父がどのくらいの病状なのか??がつかめないでおります。
もうすこし精神を安定させれれば病状が進まないのではと考えておりますが、本人も苦労症でいつも気にやんでおりそれが結果的に症状を進ませているように思えます。
あるいは薬の調整なのか・・・
このような詳しい病状はなかなか本にもなく
困っているところです。
まだ70歳なので元気にいてほしいと心から
思っています。

この病気のもっと詳しい症状の一覧や分類分けが
できていればいいのにと(そうするべきではないかと)
いつも思っております。

ですからゆうゆうさんの様にブログで状態を
的確に表現してくださるのは貴重かつありがたく
思っております。

私も実家に戻りできれば両親の手助けをしたいと
思い、仕事の少ないE県に戻るつてを探し続けております。

どうぞこれからもよろしくお願いします。
おそくなりましたがあけましておめでとうございます。

投稿: ライム | 2010年1月 4日 (月) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつのまにか・・・。 | トップページ | シンメトレル »