« シンメトレル | トップページ | 書けない »

2010年2月20日 (土)

急悪

1月に記事をアップしてから、1度も更新していない。

その理由として1番は、体調悪化による。薬効持続時間の減少も伴い何かをしていても、薬が切れてくるので、何ひとつ満足に出来ないのである。あれもしよう、こんなこともしてみたい!と始めてみるものの、すぐ薬が切れてしまい中断せざるを得なくなる。今年にはいって、市のリサイクル館で不要になった木綿布を使って草履を作るという講座があった。夏に履くには、これがちょうどいいと思い申し込んだ。(キャンセル)

私がいなくなっても、いつでも歌えるように母のために、童謡・唱歌・抒情歌などピアノ伴奏をテープに吹き込んでおこうと思って始めたものの、未だに完成していない。春に咲く花の種も蒔いておかねばと思うものの、寒い。学生時代近所のおばさん達をみて「なぜ、あんなに何枚も重ね着するのか?」と思った。今、その理由が分かる。結局エネルギーが減少してくるのであろう。かくいう私も最近、両足の指に"

シモヤケが出ている。5本の指に(しかも御叮嚀に5本とも)

最近目も悪くなったように思う。(老眼進行かも?)だから本を読もうと思ってもなかなか読めない。読みたい本がいっぱい積んでいるのに・・・。食事を作っていると途中で薬切れ、後は母に指示しておいて、薬を飲む。薬を飲んでから効いてくるまで20分~30分かかる。今は効かない時もよくある。そうなると最悪だ。振るえながらあちこち痛むのを、背中が丸くなった姿勢でテーブルに座って時間の経つのを、ただただひたすら待つしかない。

薬がすぐ切れ、身体が全身ぶるぶる振るえだす、右手も秒速4回くらいの早さで振るえ出す。そうなるとトイレに必ず行きたくなる。これが最悪のパターン。母に手をひっぱってもらい立つものの右にフラフラ、左にフラフラ、左右にフラフラ、バランスが極端に悪い。歩こうとするが力を入れると、ぶるぶるぶるぶるする。力は入らず全く動けない。こんなに急に悪くなることは普通ではない・・・?

思い当たる原因は「逆流性食道炎」。昨年、薬合わせのため入院した時、他の所も調べてもらった。脳以外は特に悪いところはない。ただ悪玉コレステロールが少し多いことと、軽い「食道炎」があると言われた。気にしなければどうということもないので放っておくことにした。咽喉のところが少しひりひりしているが・・・。

ここ最近、食事を少し食べただけでお腹が(胃)が張ったようになり御飯が食べられなくなるようになった。時々胸がカーッと熱くなり、咽喉はヒリヒリ、口の中に苦いものが・・・。それにつれて、薬の効き方が不安定になってきた。切れると全身の筋肉がブルブル、足は全くでない。寝てもウトウトするが、振るえが止まず眠れない。食べる事も出来ない、となれば、パーキンソン病の薬の効きが悪くなっても、「食道炎」を直さなければ・・・。

ドクターに電話をする。とりあえず「ガスター10」を飲んで(夕食後)、来週の火曜日に来て下さい。と言われた。泣く泣く3月20日、21日の○○会、キャンセルする。

|

« シンメトレル | トップページ | 書けない »

パーキンソン病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンメトレル | トップページ | 書けない »